体脂肪率 BMI

体脂肪率とBMIって何が違うの?

ちょっとダイエットをしたほうがいいかな・・・。

 

筋トレをして体をひきしめたほうがいいよな・・・。

 

そう思ったとき、みなさんはまず何から始めますか?

 

食事制限?運動?筋トレ?

 

どれでもいいと思います。

 

ただ、一つだけ「これだけはしっかり把握しておこう!」というのが体脂肪率とBMIです。

 

体脂肪率、BMIという言葉を聞いたことがないという人はあまりいないと思います。

 

ですが、実際、その違いを知っているという人はけっこう少ないのではないでしょうか。

 

また、体脂肪率がいくつであれば正常なのか、BMIがいくつならば大丈夫なのかを知っている人も少ないと思います。

 

つまり、自分の肉体を改造とするときに、しっかりとその数値を理解していれば「なんとなく痩せたかな」「なんか筋肉ついてきたかな」というアバウトな結果にはならないのです。

 

目標を数値化することによって、やる気や継続することにもつながると思うので、体脂肪率とBMIについてしっかりお伝えます!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

体脂肪率ってなに?

 

体脂肪率というのは、簡単にいうと、「体重に占める体脂肪の割合」のことをいいます。

 

つまり、「自分の体重の何パーセントが体脂肪なのか」を示したものです。

 

これは、男性と女性では平均値が異なります。

 

男性は10〜19%、女性は20〜29%の数値が体脂肪率の平均値となります。

 

この数値の間であれば、標準(健康的)ということになるわけです。

 

そして、それ以上の数値になると「肥満」とみなされてしまいます。

 

おそらく、現代の体重計には体脂肪率を計る機能が一緒についているものが多いので、一度計測してみましょう!

 

この体脂肪率が、「肥満」の数値にならなければ、慌ててダイエットをする必要はないかもしれませんね。

 

BMIって何?

 

では、続いて、BMIというのは一体何なのでしょうか。

 

これは体脂肪率とは違う肥満度を測定する方法です。

 

BMI=ボディ・マス・インデックスといいます。

 

BMIは体重と身長のバランスを計り、「見た目」の肥満度を測定するものなのです。

 

「体重(s)÷身長(m)÷身長(m)」という計算式を見たことはありますか?

 

学校の身体測定の時や、女性ならダイエットのときにどこかのサイトで見たりしている人も多いかと思います。

 

この計算式で表されるのがBMIです。

 

この数値が18.5〜25までが「適正」とされています。

 

18.5未満であれば痩せているとなり、25以上となれば肥満とされます。

 

肥満にも段階があり、肥満1〜肥満4までの4段階にわかれています。

 

ちなみに、一番健康的で、病気になりにくいのは、BMIの数値が22の人だと言われています。

 

身長と体重がまったく同じ人間がいたとしても、体脂肪率やBMIの数値が違えば、痩せ・標準・肥満に分けられてしまうこともしばしばあります。

 

これは、内臓脂肪や筋肉量、骨の密度、脂肪の量によって肥満かどうかが変わってきてしまうからです。

 

見た目的には痩せていても、体脂肪率が高ければ肥満と判断され、身体は大きいのに体操選手のように筋肉量が多い人は肥満とは判断されないということですね。

 

まずは自分は体脂肪率やBMIの数値から標準体型なのか痩せ形なのか、それとも肥満なのかを把握することによって、食事制限の内容やトレーニングの内容も変わってきます。

 

一度測定してみてはいかがでしょうか?

 

>>体脂肪率とBMI についてはこちらに詳しく書いています