体脂肪 胸

体脂肪と胸の関係ってあるの?

ダイエットをするときに気を付けたいのが「胸」は維持したい、ということ。

 

なぜか痩せるときって、痩せてほしいところよりも、痩せてほしくないところから痩せていく傾向ってありませんか?

 

ダイエット経験者なら1度はそういうこともあると思います。

 

女性としてダイエットをして体脂肪は落としたいものの、胸はある程度ふくよかな状態を維持したい人は多いのではないのでしょうか。

 

体脂肪は落として胸は維持するということはできるのでしょうか?

 

体脂肪と胸の関係をちょっと研究してみましょう!

 

痩せすぎには要注意!?

 

体脂肪はやっぱり少ないほうが嬉しいのが正直なところです。

 

ただ、美しい胸をつくろうと思うと、実はこの体脂肪というのから目を背けることはできません。

 

女性はもともと体脂肪がつきやすい性質なので、まずは肥満にならないように注意することが大切です。

 

そこで、みなさん女性の適正体脂肪率はご存知ですか。

 

30歳未満であれば17〜24%、30歳以上で27%未満です。

 

しかも、ある程度ふくよかな胸を維持したいというのであれば、体脂肪率が20%はないと難しいとさえ言われています。

 

え?なんで?と思う人もいるでしょう。

 

なぜ、体脂肪率が20%はないとふくよかな胸を維持することが難しいのでしょうか。

 

これにはちゃんとした科学的理由があります。

 

実は、体脂肪が20%以下になってしまうと、女性ホルモンの働きが弱まってしまうのです。

 

そして、なんと、10%をを下回ってしまうと、女性ホルモンの機能はほとんどなくなってしまうんだとか・・・。

 

ホルモンバランスが乱れ、体調にもかかわってきてしまうんですね。

 

女性にとって、女性ホルモンというのは妊娠・出産をするため以外にもさまざまな理由があって分泌されるホルモンです。

 

体脂肪が減りすぎると、本能的に身体が「この身体は生きていけるのか」と危機感を持つわけです。

 

そして、生き抜くために、女性としての機能をストップさえさせてしまうということなのです。

 

そう考えると、なんだか人間の身体というのはやっぱりすごいというか、神秘的というか・・・。

 

胸の構造は脂肪なので、ある程度の体脂肪は必要だということになってきます。

 

体脂肪が20%というと、太って見えるのかどうか心配ですが、安心してください。

 

全く太ってはみえません。

 

外見がほっそりしている女性も、たいていの人は体脂肪はそれくらいある方がほとんどなので、体脂肪20%にあまり敏感になりすぎないようにしましょうね!

 

逆に体脂肪がありすぎても問題があります。

 

つまり、「肥満」の部類に入ってしまうような数値ではダメということですね。

 

しっかりと理想の体型を手に入れたいということであれば適正の体脂肪を維持することを心掛けましょう。

 

体脂肪が多すぎる人はまず、適正値になるように運動や食事制限をしていきましょう。

 

これには3ヶ月から半年はかかるでしょう。

 

もっと効率よく痩せたいという人は、サプリを使うこともおすすめです。

 

とくにビアンコロールは人気を呼んでいますので、一度チェックしてみてくださいね!

 

>>ビアンコロールと体脂肪の関係についてはこちらに詳しく書いています