体脂肪 夏

夏と冬では体脂肪の減り方が違う!?

ダイエットをするとき、みなさん「季節」というのは気にしたことありますか?

 

私の場合は、やっぱり秋冬よりも肌の露出が多くなる夏場に向けて痩せていきたいと思うことが多いです。

 

ただ、ちょっと気になったのは春夏と秋冬で行うダイエットにはちょっと違いがあるということ。

 

そう、つまり、体脂肪の落ち方が違うのです。

 

春夏からダイエットを始めるのと、秋冬からダイエットを始めるのには、体脂肪の落ち方が違い、その結果、ダイエット方法もちょっと変わってきてしまうのです。

 

このことに気づいたのは本当に最近のこと。

 

どうせダイエットをするのであれば、しっかりと体脂肪を減らしていきたいですよね!

 

今回は季節によってなぜ体脂肪の減り方が変わるのかをお伝えしていきます!

 

季節によって体脂肪減り方が違うのはなんで?

 

季節によって体脂肪の減り方が変わってきてしまうのはどうしてでしょう?

 

これにはちゃんとした理由があるんですよ!

 

たとえば、春や夏にダイエットをはじめた場合。

 

この季節はとにかく気温が高くなっていきますよね。

 

私たち人間の身体は水分を多くほしがるようになります。

 

ということは、体温を高く保つ必要はあまりないわけですね。

 

気温が高いことによって、水分をとり身体を冷やしたいわけですから。

 

そうなると、体温を高く保つためのエネルギーは寒い時期に比べれば必要ありません。

 

そして、水分が必要になってくるののと同時に、水分を体内に溜めておく必要もあるのです。

 

つまり、脂肪よりも水分がたまりやすい体質になります。

 

そうなると、体脂肪はそんなに必要ないので身体は燃焼しようとします。

 

結果、体脂肪率はどんどん下がっていくということになるのです。

 

ただ、脂肪と水分を比較したときに、水分のほうが重さは思いので、体重そのものは劇的に減少されるということはあまりありません。

 

逆に、秋や冬にダイエットをはじめた場合、この時期はどんどん寒くなっていきますから、体温を高く保つ必要があります。

 

要するに、脂肪をためておかなければいけないということです。

 

水分は、身体を冷やしてしまう余分なものとして身体がみなしてしまいますからどんどん排出されていきます。

 

つまり、脂肪が増えて水分が減るということですね。

 

ダイエットをおこなうときにも、こういった身体のメカニズムを知っておくと体重の変化や体脂肪の変化にも一喜一憂せずにすむので便利ですね!

 

冬は身体を動かそう!

 

ここまで見てくると、寒い冬にこそ身体を動かせば体脂肪が減っていくということが分かってくると思います。

 

だからといって夏場にダイエットをするのは無駄なんじゃないかと思わないでくださいね!

 

夏場は夏場の体脂肪の減らし方というのがあります。

 

夏はダイエットというよりも、体脂肪や体重の維持を心掛けてください。

 

急激に痩せたりすると必ずといっていいほどリバウンドというものがやってきます。

 

リバウンドというのは誰にでも起こることで、少し気を抜くとすぐに脂肪がついてしまいます。

 

脂肪だけならまだいいのです。

 

運動や食事制限をすることも少なくなり、水分までもため込んでしまうのが夏なのです。

 

クーラーのきいた部屋で熱中症にならないようにしていると、いつの間にか行動量というのは減っていきます。

 

そうなると、脂肪も水分も身体にたまっていき、いつのまにか理想とは程遠い体型になってしまっているというのはよくある話です。

 

そういうことにならないように、夏場はしっかりと体重維持、体型維持を心掛けていきましょう。

 

夏場の体重について気になる人は、ビアンコロールでコントロールするのもありかもしれません!

 

>>夏場の体重とビアンコロールについてはこちらの記事をお読みください